”College Sports Freak!!” - NCAA・カレッジ・スポーツ・フリーク

アメリカのスポーツの中でプロ予備軍と呼ばれ人気もプロ並みのNCAAカレッジ・スポーツを紹介(アメリカン・フットボール&バスケットボール)

INDEX


アメリカの大学スポーツの花形、アメリカン・フットボールとバスケットボール他の情報を不定期に紹介していきます。

日本では手に入らないレアなNCAAカレッジ・グッズの探す方法 【記事】



NCAAカレッジスポーツフリーク、ブログ内のキーワード記事検索


人物



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告



2012年シーズン カレッジフットボールの動員数

2012年シーズンのNCAAの動員数に関するデータの発表がありました。


2012年のFBSとFCSの試合の動員数は過去3番目を記録しましたが、2011年シーズンに比べ少し動員を落としています。

2012年のチケット売り上げが4890万枚で2011年の4960万枚には及びませんでした。


1試合当たり10万人以上の動員を記録したのはミシガン大の112252人、オハイオ州立大の105330人、アラバマ大の101723人、テキサス大の100884人の4校のみでした。

全体の平均は1試合44970人で昨シーズンに比べ528人少なくなっています。

動員を大きく落としたのがテネシー大、ペン州立大、オーバーン大で、5%~4%弱落としています。
テネシー、オーバーンは成績が影響しているようですが、ペン州立はスキャンダルの影響ではないでしょうか。


カンファレンス別でいうとやはり強豪校がそろい、優勝校を毎年のごとく出しているSECが1試合平均75538人とトップになっています。


ちなみにボウルゲームは昨年に比べ1試合当たり1211人落としています。


関連記事
スポンサーサイト


テーマ:アメリカンフットボール - ジャンル:スポーツ

  1. 2013/02/12(火) 22:45:45|
  2. ビジネス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2013年NCAA男子バスケットボールランキング15週 | ホーム | マウンテン・ウェストカンファレンスタイトル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://collegesports.blog104.fc2.com/tb.php/1154-c44d3d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。