”College Sports Freak!!” - NCAA・カレッジ・スポーツ・フリーク

アメリカのスポーツの中でプロ予備軍と呼ばれ人気もプロ並みのNCAAカレッジ・スポーツを紹介(アメリカン・フットボール&バスケットボール)

INDEX


アメリカの大学スポーツの花形、アメリカン・フットボールとバスケットボール他の情報を不定期に紹介していきます。

日本では手に入らないレアなNCAAカレッジ・グッズの探す方法 【記事】



NCAAカレッジスポーツフリーク、ブログ内のキーワード記事検索


人物



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告



コンセッション改革!?

ジョージア工科大学のフットボールスタジアムの売店で支払いにビットコインが使えるようなるそうです。

ビットコインの使用はカレッジではジョージアテックが初の試みだそうですが、今後広まっていくのでしょうか。

ビットコインというと日本ではマウントゴックス破綻のの影響で非常に怪しいっていうイメージも付きまといますが、海外ではそうでもないんですね。

僕もウォレットだけは持ってますが、実際には発掘ぐらいしかやってませんのでほぼ何もありませんが。


ビットコインの使用開始はやはり収入源として期待されている売店(コンセッション)の売り上げ増を目指してだと思います。

コンセッションというと最近カレッジフットボールではビールなどのアルコール販売が増えてきているようです。

スタジアムは基本、キャンパス内にあるところも多いですので、アルコール販売にはどこも積極的ではありませんが、収入面では期待されている面もあり今後増えていくかもしれません。

ただNCAA自体はアルコール販売はチャンピオンシップゲームでの販売は認めていないようですが、シーズンの試合に関しては各カンファレンスに任せているようです。

今回販売開始をするトロイ大などは、ビッグカンファレンスに属している大学ではないため、放映権料など期待できないための収入源確保の側面が大きいようです。


アルコールに関していうとスタジアムの外のスポーツバーとかではビール片手に昼間からフットボール観戦って結構普通なので需要はあるんではないでしょうか。

4年前ぐらいにルイビル大の資料をみつつ計算してみると1試合1人当たりの売店売り上げは約2ドル強ぐらいですので、どこの大学もこんなもんなんでしょう。売り上げ自体はこれにキャパを×(カケル)?

この数字はシネコンのコンセッション売り上げとどっこいどっこいって感じですね。

そういえばアメリカ系のコンセッションでアルコールっていうビールとワインってのはやっぱお決まりなんでしょうか。

以前の職場で米系の興行に立ち上げにいましたが最初に導入したのがビールとワインでした。ワインって日本では、、、、。






表示登記
関連記事
スポンサーサイト


  1. 2014/10/02(木) 12:39:29|
  2. ビジネス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<去年に引き続き? | ホーム | ノートルダム大対シラキュース大>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://collegesports.blog104.fc2.com/tb.php/1444-bcbbab4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。