”College Sports Freak!!” - NCAA・カレッジ・スポーツ・フリーク

アメリカのスポーツの中でプロ予備軍と呼ばれ人気もプロ並みのNCAAカレッジ・スポーツを紹介(アメリカン・フットボール&バスケットボール)

INDEX


アメリカの大学スポーツの花形、アメリカン・フットボールとバスケットボール他の情報を不定期に紹介していきます。

日本では手に入らないレアなNCAAカレッジ・グッズの探す方法 【記事】



NCAAカレッジスポーツフリーク、ブログ内のキーワード記事検索


人物



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告



BIG EASTの拡張

ビッグイーストカンファレンスはボイシ州立大、空軍士官大学校、海軍士官大学校、セントラルフロリダ大を招き入れる計画でです。セントラルフロリダ大以外はフットボールプログラムのみのなる予定で、またカンファレンスを抜ける際の違約金を現在の2倍にあたる1000万ドルにする予定です。

これはビッグイーストがフットボールのプログラムがある大学を12に増強したい考えがあり、BCSカンファレンスとしてBCSボウルへのオートマティックビッド(自動、優先的な出場権の確保)を磐石なものにしたいと動いています。

これはビッグイーストがフットボールの主要メンバーであったピッツバーグ大やシラキュース大が相次いでACCへ移籍を発表し、また期待していたTCUの加入がBIG12に変更になったことがあげられます。


ビッグイーストとしては12まで大学を増やして2ディビジョンに分けてカンファレンスタイトルマッチを主催したりとかの思惑もあり、、、、。

TCU、ボイシ州立大とも近年はBCSカンファレンス外でランキング上位に入る活躍をしており、またこれらの大学にとってもBCSカンファレンス外ということで著しくナショナルチャンピオンに絡む試合への制限が現実的なあることから移籍に関しては双方にメリットがあるようです。


ビッグイーストはフットボールプログラムを持っていない大学も多く、イメージとしてはバスケの強いカンファレンスのイメージがついてきます。ヴィラノーヴァ、ジョージタウン、シートンホール、マーケット、ディポール、、、。

これで全体的なカンファレンスブランドのアップもあるでしょうが、ただボイシ州立大が仮に入った場合でも、地理的に問題も出てくるような気もします。
現在のビッグイーストの大学の大半は五大湖周辺のアメリカ北東部の大学が多数ですが、ボイシ州立大はアイダホでちょっと離れているので、カンファレンスゲームの移動とか大変だなと思います。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ:アメリカンフットボール - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/10/15(土) 08:22:46|
  2. カンファレンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<MWとC-USAが | ホーム | キャム・ニュートンのスキャンダルの最終報告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://collegesports.blog104.fc2.com/tb.php/780-356640af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。