”College Sports Freak!!” - NCAA・カレッジ・スポーツ・フリーク

アメリカのスポーツの中でプロ予備軍と呼ばれ人気もプロ並みのNCAAカレッジ・スポーツを紹介(アメリカン・フットボール&バスケットボール)

INDEX


アメリカの大学スポーツの花形、アメリカン・フットボールとバスケットボール他の情報を不定期に紹介していきます。

日本では手に入らないレアなNCAAカレッジ・グッズの探す方法 【記事】



NCAAカレッジスポーツフリーク、ブログ内のキーワード記事検索


人物



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告



フットボール・スタジアム

NCAAの1部リーグに参加している大学はもちろんのこと、大体の大学は大学の敷地内とかに自前のフットボール・スタジアムを持っています。

フットボールのスタジアムのキャパは中途半端じゃないくらい大きいところが多いけど、正直そこまでつくりがしっかりしているとも思えないのもあります。

比較対象として東京ドームの収容人数が45000人強ですが、マンモス校のオハイオ州立大学を例にとってみるとフットボール・スタジアム収容人数が100000人超です。

日本のプロ野球場よりも2倍以上の大きさです。オハイオ州立大で学生数が50000人ぐらいですので学生の家族、OBひっくるめての応援って所でしょうか。
また、地方の大学でこのレベルのキャパを持った大学でも、その位置する都市が10万とか20万レベルの人口でも満杯になるので、いかにフットボールの人気がいくら大学のスポーツといえどもすごいかの証明になります。

もちろん大学によってスタジアムもキャパが全然違いますが、だいたい3万から10万人レベルのスタジアムを持っています。

参考までに東京ドーム以外でいうと福岡のYahoo!ドームで35000人超です。


僕が昔住んでいたところでですが、フットボールのホームゲームの日に、世界的に有名なアーティストがコンサートに来ましたがみんなフットボールに行った為にコンサートががらがらだったってのがありました。

スポーツ観戦はどのスポーツでも同じですが、テレビで見るのと臨場感が全く違います。
僕自身もアメリカに住んでいるときによく観に行きましたがあの8万人収容のスタジアムで満席のなかでの観戦は日本のプロ野球を観に行く以上の興奮でした。

フットボールの試合なんて年に13試合程度のそのうち半分しかホームでの試合がないので単純には比較はできませんが・・・・。

ft

関連記事
スポンサーサイト


  1. 2007/04/26(木) 14:38:22|
  2. Facility
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハイズマン・トロフィー/Heisman Trophy | ホーム | SEC/Southeastern Conference>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://collegesports.blog104.fc2.com/tb.php/9-111bd3b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。